工房日誌

カテゴリ:趣味( 8 )




『all along the watchtower』





ボブディランの『all along the watchtower (見張り塔からずっと)』はジミヘンドリクスのカバーがむしろ有名ですが、
そのジミヘンのフォロワー、フランクマリノもカバーしてます。
暑苦しいな。
70年代末.キッスやクイーンでロックやギターに目覚めた頃とほぼ同時期の曲なので思い入れがあります。
b0267578_06013431.jpg





まぼろしのシンガーソングライター 
バーバラキースの2ndアルバム(1973年)にも悶絶の黒いカバー!
アメリカ西海岸録音ですが南部の香りがぷんぷん匂うな。




[PR]



by ampmh | 2016-01-10 08:07 | 趣味

B.B.KING (1925ー2015)

先日、89歳で亡くなったB.B.キング。
新聞報道を読むと昨年までツアーをしていたそうで、、、驚きです。


一昨年に亡くなったボビーブランドとTV『ソウルトレイン』にて。
50歳前にして貫禄の御大ふたり。
イントロの囁くようなチョーキング『my own fault』
ちびれるな。


[PR]



by ampmh | 2015-05-20 22:44 | 趣味

ボビーキーズ

b0267578_10273670.jpg
テキサス出身のサックス奏者、ボビーキーズが亡くなったと4日の朝刊に小さく載っていた。




ジョーコッカーのマッドドッグス&イングリッシュメンやデラニー&ボニー&フレンズ等々、、、60〜70年代スワンプロック全盛期に活躍。




ローリングストーンズのバックでも吹きまくる、、、それにしてもアメリカ南部志向の頃のストーンズはかっこいいな‼ちびれるな。



[PR]



by ampmh | 2014-12-04 13:25 | 趣味

マツダポーター

b0267578_1261860.jpg


b0267578_1272961.jpg


b0267578_128431.jpg


駐車場に戻ると、隣りにポーター。

お尻の『マツダ』のカタカナにしびれるな。

くたびれ過ぎず、狙い過ぎずのいいあんばいのコンデション保ってらっしゃるな。

うわお、いいなあ。乗りたくなっちゃうんだな!
[PR]



by ampmh | 2014-05-09 12:10 | 趣味

『コーヒーの店 -大阪-』

保育社カラーブックスの『コーヒーの店ー大阪ー』
キダタロー著ということでモトコーの古本屋で即買い。

b0267578_1755119.jpg




キダタローお気に入りの市内の喫茶店を紹介しています。
昭和58年の発行なので高校時代の懐かしい店、記憶にある店もちらほら出てくる。

いきなり一発目から亡き大久保怜の店『れい』が登場。
濃いなあ…『素人名人会』での辛口審査が懐かしい。おもろいおっさんやったな。
店は阪急ファイブのそばにあったように思うが、
入ったことはたぶんない。近くのロックビデオが流れる真っ暗闇の喫茶店キューピットによく行ってな。

b0267578_17571385.jpg



昔のうめだ花月の横にあったアメリカン。よく行ったけど改めて店の写真を見ると趣きある素敵な建物だ。若い頃は全く建物などに興味なかったから良さに気づかなかったんだな。ここはその後確か火事で焼けてしまったんだな。
b0267578_1723534.jpg



そのアメリカンの近くにもこんなにも魅惑の喫茶店が存在してたんだな。知らなかった。
b0267578_17303984.jpg

『グッドモーニングサービス』爽やかな響き。


全編に渡りキダタローの説明文、紹介文はどうでもいい下世話な話題がほとんど。さすがキダ先生。うならされます。

他にも素敵な喫茶店、ナウい喫茶店が色々と紹介されています。30年ほど前にはいい喫茶店がごろごろ存在してたんだなあ。この本に出てくる店は現在何店残っているのか、、、
[PR]



by ampmh | 2014-02-09 17:58 | 趣味

『鉄砲犬』(1965年 大映)

b0267578_15134496.jpg

5月から日本映画専門チャンネルで放送している田宮二郎主演の大映"犬シリーズ"


田宮演じる河内弁のガンマニアで正義のアウトロー鴨井大介が大活躍の痛快娯楽アクションシリーズ。


シリーズ全編の脚本担当は藤本義一。作品はかっこよさプラス喜劇テイストもふんだんで魅力たっぷり。関西喜劇芸人もちょこちょこ顔を出してます。


シリーズはほぼ大阪ロケかと思われ、この第5作である鉄砲犬も昭和40年頃の新世界や西成界隈の路地や食堂、喫茶店。黒門市場に阪堺電車… ストーリーそっちのけで目は宝探しに釘付けです


クライマックスは敵ヤクザのアジトである須磨の洋館で派手な撃ち合い。
この洋館…
玄関入ってすぐの暖炉、床の市松模様、階段の手すり… わお。塩屋のグッゲンハイム邸に間違いないな。
現在はきれいに保存活用されているグッゲンハイム邸だがこの撮影当時はまさに廃墟のようでアジトにはぴったりだ。


『三丁目の夕日』のノスタルジーもいいけど 昭和30~40年の映画でリアルな昭和を感じるのはたまらないな。 中でも神戸・大阪ロケの作品は知ってる景色に色々な発見があって面白い。


鉄砲犬(1965年 大映) 監督:村野鐵太郎
脚本:藤本義一
音楽:菊池俊輔
出演:田宮二郎、天知茂、姿美千子、坂本スミ子、小沢昭一、北林谷栄ほか
[PR]



by ampmh | 2013-07-23 15:13 | 趣味

BOBBY"BLUE"BLAND (1930ー2013)

b0267578_16434684.jpg

6月23日、ブルース歌手ボビーブランドが逝去 83歳。


きらびやかなハードブルース。
50〜60年代のブランドのシャウトとウェインベネットやクラレンスホリマンのギターの最高の組み合わせに夢中になりました。
唯一無二のかっこよさなんだな。



Bobby "Blue" Bland - I'm Not Ashamed (1959年 DUKE)
http://www.youtube.com/watch?v=rcQPr9N20ac&sns=em
[PR]



by ampmh | 2013-06-28 16:43 | 趣味

ニューミュージックマガジン 76年7月号

b0267578_1742528.jpg

b0267578_1742645.jpg

b0267578_1742685.jpg

ニューミュージックマガジン76年7月号。

まだ誌名に『ニュー』がついてる頃です。

表紙の『サザンソウルを聴こう』に即購入!
サザンソウル特集なんて羨ましい時代。

76年…自分はまだ子供やったので聴いてたのは百恵ちゃんぐらい(笑)

古雑誌は広告も楽しみのひとつ。

入院中の桑名正博さんのソロデビュー作や
オリンピック開会式ではさすがにくたびれてたポールもまだまだ絶好調。
輸入盤店や楽器屋の広告もいっぱい。

阪急東通り商店街の輸入盤屋 『LPコーナー』
懐かし過ぎる〜 高校生の目には当時東通りがなかなか刺激的でした。

広告に載ってる店は残念ながらもうほとんど無いでしょうが その広告量からもギターやレコード…音楽が熱かったのがみえてきます。70年代ええなあ〜
[PR]



by ampmh | 2012-07-28 17:04 | 趣味

神戸やその近郊に残るレトロな建築や喫茶店など...工房作業の合間に訪ねます。
by ampmh
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

検索

最新の記事

阪神千船駅のあたり
at 2016-01-29 11:02
喫茶クロバー
at 2016-01-20 08:55
三田~琺瑯看板の掛かる酒店
at 2016-01-14 16:05
キクチ珈琲店にて
at 2016-01-13 11:05
『all along the..
at 2016-01-10 08:07